浮気?仕事?ただの遊び?夫の浮気疑惑行動を見抜く方法

夫がいつもと違う!!
何だかあやしい……!
浮気をしているかも!?

浮気なのか?仕事なのか?それともただの遊びなのか?
夫の行動の真相を知りたいけど、事実を探る勇気も方法もない!

人類の不思議ともいえる「女のカン」。男女の脳の構造の違いによるものか、子どもを産み育てる役割としての本能なのか、その鋭さは未だに解明されていない謎です。そして、女のカンはよくアタリます!

これという理由はないけれど、夫の行動がいつもと違う気がする。浮気かもしれない……なぜか分からないけど胸騒ぎがする……。

もし、夫が浮気をしていたら……、と思うと毎日不安になる。

テレビで浮気報道を見たり、知人の夫が浮気をしたという話を聞くと、もしかして……ウチの夫も浮気をしているかも……、と気になって仕方がない。

そんなアナタに夫の浮気疑惑行動を分析し、事例を交えたチェック方法をご紹介します!

それでは、まず、夫の浮気疑惑行動チェックの前に、カンが働いても妻が絶対にやってはいけないNG行動をお伝えしておきます!

【1】妻が絶対にやってはいけないNG行動

夫の浮気を疑って、すぐに妻が間違った行動を起こすと、とんでもない事態に発展することがあります。夫婦仲が悪化して修復不可能となったり、不利な立場で離婚を迫られる可能性もあります!


疑惑では済まずに本当に浮気をしていた場合、妻の間違った行動が波紋を呼んでしまうのです。もし、夫が浮気をしていなくても、妻の行動で夫婦関係に亀裂が入ることもあるので注意しましょう。

夫のスマホチェックはNG

夫のスマホは、最終手段にとっておきましょう。夫のスマホのロックナンバーを探ったり、寝ている間に顔認証を試したりすると、夫に気づかれて、浮気をしていた場合は、一層ガードが堅くなります。

浮気をしていなかった場合には、妻に疑られたと気分を害します。それぐらいですめばいいですが、これがきっかけで夫婦関係がうまく行かなくなることも少なくありません。

いつも一緒にいる夫だから、妻のことには無関心かと思っているかもしれません。新婚ならともかく、5年、10年、20年……と連れ添えば、夫は妻に対して無関心になりがち。しかし、妻のイレギュラーな行動には夫は敏感なのです。

夫にとって、家はゆっくりくつろぎたい場所。つまり、平穏な日常が欲しいのです。そこで自分にとって不愉快な妻の行動が発覚すると、関係がこじれて修復できなくなる可能性が高くなってしまうのです。

万が一、夫が実際に浮気をしていたら、もっと大変なことになるかもしれません。逆上して、大ケンカになるか、黙って浮気相手のところへ逃げ込んでしまうかもしれません。

夫を尾行するのはNG

夫が外出するとき、試しに尾行してみる。これは、絶対にやってはいけない行動です。尾行はプロが行っても難しいもの。素人が尾行をすると、ほぼほぼ見つかります。

家から尾行をスタートしたとします。まず、ご近所さんとバッタリ会ってしまうかもしれません。声をかけられてしまったら……、終わりです。たとえ変装しても、知人には分かってしまうもの。変装して尾行したことがご近所のウワサになっても困りものです。

また、尾行中、空き地が多い場所や、畑の真ん中になってしまたら、隠れる場所がありません。通行人が少ない場所で、後ろから同じ人がついてきたら、誰でも不審に思います。

そして、重要なのは本当に浮気をしていた時。あなたは目の前で、夫が他の女性と会っていても冷静でいられますか? ここで、怒鳴り込んでしまったら、浮気を止めることは難しくなってしまいます。さらに、浮気が原因で離婚することになっても、妻が不利な条件で離婚が成立してしまう可能性も高くなります。

「浮気をしてるの?」と、直接夫に聞くのはNG

確実な証拠もなく、夫に「もしかしたら、浮気している?」と聞いたとしても90%は「していない」という答えが返ってきます。たとえ、浮気をしていても「している」などと、口にする夫はいません。ここで、もし仮に「している」という答えが返ってきたならば、妻にバレても怒られない程度の軽い遊び感覚か、逆に浮気の域を超えて本気になっているかのどちらかです。

もし、夫が別の女性に本気になっていたら、妻とは離婚して、本気になった女性と再婚してしまうかもしれません。特に、夫が本気になっている場合の「探り」は危険です。夫が有利に離婚を進めてしまい、あとで後悔することになるかもしれません。

夫は、妻に疑われる事に関して「愛されている証拠」などと、前向きいは捉えません。スマホチェックと同じく、夫は妻に疑われることを嫌います。浮気をしていない夫は、プライドを傷つけられ、浮気をしている夫は、ますます警戒心を強めて証拠がつかみにくくなります。

【2】夫の浮気疑惑行動を言語化しよう

「女のするどいカン」、これは言葉にしようがありません。なぜか、わからないけど「感じる」のです。しかし、「浮気かも?」と感じた瞬間に何かが起こったはずです。

それを言語化して、メモにしてみましょう。メモは、スマホアプリに書き込んだり、メモに書いたら写メをとって捨てるなど、必ず夫の目の届かないところで管理することが重要!

そのメモが夫に見つかれば、浮気の発覚が難しくなります。

なぜ、夫に黙ってメモをとることが重要なのでしょうか?

本当に浮気だった場合、証拠をとる段階で必要だからです。慰謝料請求などで、浮気を証明するには、証拠が必要です。証拠がなければ、浮気相手を特定することもできません。浮気相手や夫に慰謝料請求ができなくなるだけでなく、言い逃れをされたり、妻や子どもに不利な条件で離婚を迫れられる可能性もあります。

それでは、不信感を抱く夫の行動の例をあげていきましょう。

休みの日に単独で出かける

いつも休みの日は、家でゴロゴロしたり、ファミリーで出かけることが多いのに、夫が急に単独行動をしたら、「浮気かも?」と思う瞬間です。しかも、行先を告げない、聞いても答えない、漠然とした場所を示すなど、行先や目的が不明瞭な場合、特に不信感を抱きます。

ピンときたら単独行動を起こした日にちと時間を書きとめ、その後も、単独行動をしたら日時をチェックしておきましょう。

また、単独行動の際に「池袋にパソコンを買い物に行く」など具体的な説明をしたからといって安心してはいけません。実際にパソコンを買って帰らなかったり、「やっぱりネットで買うから……」など少し口ごもった様子で理由を告げた場合も、その内容も含めてメモにとっておきましょう。

残業や飲み会が増えた

会社が残業規制をしているのに、むしろ残業が増えた、というのは「浮気かも?」と疑う行動です。夫は「今、とりかかっているプロジェクトが忙しいから」などと理由をつけるかもしれません。

そこで、「残業規制は、どうなってるの?」と何でもいいので質問してみてください。日頃、会社の話などしない夫が「申請すれば、忙しい部署は残業ができる」など、詳しい説明を早口でまくしたてる場合は、浮気を疑ってもいいかもしれません。本当に忙しいのなら、疲れているので理由を説明したりしません。

また、会社や友達のとの飲み会が急に増えた、というのもご用心。飲み会と言いつつ、帰ってきたらビールや焼酎の匂いがしない。飲み会の後はリビングで寝てしまうのに、さっさとベッドで寝てしまった、などいつもと違う行動はチェックしておきましょう。

帰宅後、再び出かける

平日の夜、家に帰り着替えてから、夫が外で出ていった日はありませんか? ウォーキングやジョギングを始めたわけでもなく、ただ外へ出ていって4~5時間戻らないのは不思議に思う行動です。

しかも、休日の単独行動と同じく、行先を告げなかったり目的が曖昧な場合は、浮気を疑う行動の1つです。

浮気はどこかに必ずボロがでます。スーパーに買い物に行くといってオシャレにキメている、近くに行くと言って車で出かけた、など矛盾している点はチェックしておきましょう。

出張が増えた

近頃夫の出張が増えた、出張が必要ではない部署なのに出張に行くようになった、というのは浮気相手との旅行かもしれません。浮気が進展してくると、2人で旅行に行くこともあります。普段は浮気相手と平日の夜や休日に会っていたけれど、旅行にでるようになると言い訳は出張しかありません。

土日(会社の休日が土日祝の場合)のどちらかを挟む出張だったり、祝日をはさむ出張は危険です。

浮気相手と旅行をする場合、わざと偽装工作で現地の土産を買ってくることがあります。いつもは土産なんて買わないのに、わざわざ買ってくる、出張先の話をしたがらない、出張から帰ってきたら夫の機嫌がよい、など違和感あったらチェックしておきましょう。

金遣いが荒くなった

夫が浮気をはじめると、まず変わるのは出費です。年代にもよりますが、バブル世代は自分がお金を支払うことにステータスを感じるタイプが多いので出費額がかさみます。特に若い女性と浮気をしているときは、ほとんど夫がお金を支払っているはずです。

  • 家計に回す金額が減った
  • 小遣いアップを要求する
  • 家計管理を自分でやりたがる
  • 定期預金を解約した
  • 実家の親からお金をもらっている

など、お金に関する行動が変わったら要チェックです。

自分の部屋にこもる

夫がコソコソと部屋にこもっている時、妻は軽い不振感を抱きます。ゲームをしている、趣味のことを行っている、仕事や副業をしている、など明らかに内容がわかれば安心しますが、コソコソと隠し事をするようにこもっているのは要注意。

しかし、夫の方から「プレゼンの資料を作らなきゃ」と行動理由を明らかにして部屋にこもるのも疑った方がいいでしょう。部屋をのぞいてみると、プレゼンの資料は作らず、スマホばかりいじっている、など明らかに言動と違う行動はチェックしておきましょう。また、夫が夜中に起き出して部屋にこもるのも浮気行動の1つかもしれません。

浮気中の夫はどうにか妻にバレないように浮気相手とコンタクトをとろうとします。相手の女性が会社員で平日の夜や休日でないと連絡が取れない場合、夫は妻と一緒にいることが多いので、コソコソと動きまわります。夜中にこっそり浮気相手とチャットをしていたり、LINEで連絡をとりあっているかもしれません。

夫婦のコミュニケーションが変わった

会話が増えたのにセックスは減った、会話もセックスも両方激減した、など夫婦のコミュニケーションの変化も浮気疑惑の始まりです。浮気をしている男性は、急におしゃべりになったり、逆にまったく話をしなくなったり、コミュニケーションに変化が表れます。

急におしゃべりになるタイプは、浮気に後ろめたさを感じて家庭では「良き夫」を演じようとしているから。無口になるタイプは、浮気相手に夢中で妻に目がいかないからです。

どちらにせよ、コミュニケーションがいつもと違うと思ったら、内容も含めて書き留めておきましょう。

【3】事例で知る夫の浮気疑惑行動の真意

それでは、いくつかの事例から、夫の浮気疑惑行動を分析していきましょう。事例は妻目線の手記の形で表現しています(※本人が特定されないように、状況をいくつか変えてあります)

夫の浮気疑惑行動の体験談

浮気の危険度弱

休みの日に、こっそり出かけていたのは……

妻30代夫30代子どもあり
夫とある事で大ケンカをしてしまいました。大声で罵り合うほどの夫婦ケンカになり、日常会話がすっかりなくなりました。そんな中、ある日、休日に夫が何も言わずスッといなくなったんです。いつも休日は家族で出かけるか、夫は家でゲームをしていたのに、どうして出て行ったのか、ものすごく気になりました。しかも、お気に入りのTシャツとジーンズで……。

夫は夜遅くに帰宅し、機嫌が良さそうな顔をしていました。ケンカが続いていたので話しかけることはしませんでしたが、どこに行っていたのか気になり頭から離れませんでした。

その後、夫は毎週のように日曜日に外出していました。

ある日、子どもと少し遠出をして海の近くの公園にいきました。すると、なんと、そこで夫を発見! こっそり後ろから近付いてみると、なんと手元のスマホに「ポケモンGO」の画面が! 夫は、スマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンGO」をしていたのです。

夫は「ポケモンGO」が配信されて、すぐに夢中になりました。しかし、車で移動をする営業だったので、ポケモンGOはやめてほしいとキツく言い出したところ、夫婦ケンカが勃発したんです。

……夫の浮気相手は、女性ではなく「ポケモンGO」でした。ひと安心しましたが、この人は私に隠し事をする人なのだと、いう事実を知りました。これからの生活では注意していこうと思います。

チェックポイント!
妻がNG行動にでなかったことが、偶然の発覚につながりました。

休日、夫が妻にだまって出かけるということは、浮気疑惑行動になりますが、そこで妻が尾行をしたりすると、最悪のケースにつながることもあります。

本当に夫婦ケンカから浮気に走ってしまうかもしれません。休日黙って出かけるときは、でかける曜日と時間帯などをチェックしておくと同時に、この後の「浮気疑惑行動+α」を参考にして、専門家に相談してみましょう。

夜な夜な夫が出かけていたのは……

妻30代夫20代子どもなし
年下の夫なので、新婚当時から夫の浮気を心配していました。結婚して3年たった頃、夫が会社から帰宅後、わざわざスーツから私服に着替えて出かけるようになりました。

お互い会社員なので、夕飯はそれぞれお弁当を買ってきて食べているので、最初は、お弁当を買いにいっただけかと思っていましたが……、1度出かけると4~5時間は帰ってこないんです。

私はサービス業なので休日を合わせることができず、なかなか聞き出せませんでした。夫とはすれ違いの生活がつづき、どんどん悪い方向へ考えてしまいました。

そして、夫の夜の外出は週に1回程度から、毎晩になりました。

もうこれはタダ事ではないと、会社を早退して家で夫を待ち伏せしました。夫は帰宅後、いつものように着替えて外に出ようとしました。そこで「どこに行くの?」と聞いたら、「イングレスしてくるから」とアッサリ。

「イングレス」とは、スマートフォンアプリの陣取りゲーム。外に出て陣地を増やしてく世界的に流行っているゲームだとか……、脱力してしまいました……。

ゲームの中で、どんどん陣地が増えて夢中になってしまったようです。今回はゲームでしたから良かったですが、女性にも夢中になったら周囲が見えなくなるタイプかも、と思ったら油断はできません。

チェックポイント!
夜な夜な出ていくのは、まさしく浮気疑惑行動。しかし、このケースは夫婦のコミュニケーション不足が疑惑につながっていったようにも思えます。あからさまな外出行動よりも、いつもの夫と何かが違うというのが浮気行動。あっさりと悪ぶれずに行動理由を告げたので、「シロ」と決めたようですが、夫の性格によってはウソをついている場合もあるのでご注意を。

夜中にこっそり起きて、夫がやっていたことは……

妻40代夫40代子どもあり
私たち夫婦は、子どもが生まれてからずっとセックスレスでした。子育てと仕事に疲れて、私の方から拒むようになりました。気にはなっていましたが、どうしてもその気になれず日々は過ぎていきました。

ところがある日、夜中に夫が布団から抜け出して、自分の部屋へ向かう姿を目撃してしまいました。私は朝が早いので追求することなく、何日も過ぎていきました。ところがその後、決まったある曜日に布団を抜け出すようになりました。

おかしいと思い、夫の部屋をのぞきました。するとニヤニヤしながらパソコンの画面をじっと見ている夫がそこにはいました。音は聞こえませんでしたが、夢中で見ていました。パソコンは夫のプライベートで使っているもので、家においてあるのですが、キーワード教えてくれないので日中に開くことができません。何をしているのか探るべく、再び夜中に部屋をのぞいてみると……、なんと画面の中では、素人っぽい女性が裸で映っていました。

アダルトサイト? かと思いましたが、夫は何やらキーボードで打ち込んでいます。もしかして浮気相手とスカイプでもしているのか思い、カッとなり部屋に入り込んでしまいました!

すると、それに気づいた夫はノートパソコンをパタンと閉じて、怒鳴り散らして逆ギレしていました。何やらリアルタイムのアダルト配信のようなものがあり、コメントを書き込んでいたようです。浮気相手とのチャットではなく、少し安心しましたが、夫にはゲンメツしました……。

チェックポイント!
夜中にアダルトサイトを見ている夫は多いものです。アダルトサイトを見ているだけなら、安心ですが、それだけでは満足できず、サイト上で相手を探して浮気につながる可能性も否定できません。とくにセックスレスの夫婦は、夫の行動に注意が必要です。

浮気の危険度中

コンビニに毎日買い物に出ていたのは……

妻30代夫40代子どもあり

夫は残業が少なく、家では家族で食事をとって、風呂に入ってテレビを観たあと寝ています。しかし、ある日異変を感じたんです。いつもは家ではお酒を飲まないのに、夜9時ごろになると「ビールが飲みたいからコンビニに行って買ってくるよ」といって30分くらい戻ってこないんです。

私がビールをあらかじめ買っておくと、今度は「アイスが食べたくなった」と言い出し、9時頃コンビニにいくんです。ある日、夫がコンビニから戻ってきてトイレに立った時、玄関においていたスマホの画面に、LINEのトークが出ていました。

「じゃあ、明日いつもの場所でね♥あっ、ちょっと遅れるかもしれないけど待っててね」と……。明日は飲み会で遅くなると言っていた夫。そういえば週に1回は残業や飲み会といって夜中に帰ってきます。これは、確実に浮気だと思います。

チェックポイント!
これは浮気の可能性が高いといっていいでしょう。少し泳がせて、残業や飲み会の曜日をチェックしておきましょう。同じ曜日に遅くなるなら、浮気の証拠はつかみやすい状況です。イレギュラーの場合は、帰ってきた時の様子をチェックしておきます。

「忙しいから残業続き」といいながら、本当は……

妻40代夫40代子どもあり

夫の仕事は残業が当たり前で、毎日深夜に帰ってきます。どんなに遅く帰ってきても家で食事をとるので、用意をしていました。ところが、水曜日だけ食事に手をつけないんです。食事会でもあったのかと思っていましたが、毎週同じ曜日なのです。

ある日、義母の用事で平日の夜、私が外出しなくてはならなくなりました。子ども達だけを家に残しておけないので、どうしたらいいか夫に相談したら「水曜日なら、ノー残業デーだからオレが早く帰って子ども達をみているよ」とポロリ。気まずそうな顔をしていました。

ノー残業デーにわざわざ外で食事をしてくるのは、どうしてなのか? その場で聞きたかったのですが、黙っていました。

チェックポイント!
残業を隠れみのにして、浮気をするケースが少なくありません。休日に出かけるには、アレコレと言訳づくりが大変ですが、平日の夜なら残業といえばOKです。しかし、ウソの残業はどこかでボロがでます。そのボロを見逃さないようにすることが大切です。

浮気の危険度強

出張と偽り、出かけていた先は……

妻50代夫50代子どもあり

夫は仕事が忙しく、ほとんど家にいませんでした。特に出張が多く、休みの日も出張に出ていました。しかし、家には生活費をきちんと入れてくれるので、何も問題もないと思っていました。

夫婦関係はどちらかというと冷めていました。子どもが産まれてからは、寝室も別々で会話もほとんどありませんでした。

ところがここ数年、出張が長引き、1週間帰らないことが出てきました。そんな中、友人がその生活はおかしいとしきりに言うようになり、私も夫の行動を疑うようになりました。

思い切って探偵事務所に相談し、夫の行動調査をしてもらったら、なんと、別宅があり女性と10年以上も一緒に暮らしていたんです! その事実を知ってショックでたまりませんでした。もっと早くに気づいていればと悔しくて仕方ありません。法的に有効な証拠がとれたので、現在は別居して夫とは離婚調停中です。

チェックポイント!
仕事が忙しく経済的に豊かな夫がいる妻は、夫の浮気に気づきにくいものです。しかし、浮気を放置すればするほど深みにはまり、夫婦関係の修正が難しくなります。また、妻の心の傷は深くなり、冷静な離婚の手続きができなくなってしまうこともあります。浮気疑惑行動は早くから察知し専門家に相談することが大切です。

【4】浮気疑惑行動+α要素

浮気を疑う行動と同時に以下の要素があったら、浮気の可能性が高まっています。夫の行動を冷静にデータとして残し、それを元に専門家に相談しましょう。相談相手は友人や親族ではなく信頼できる専門家がおすすめです。浮気が濃厚なら、確実な証拠をつかみ、真相をあきらかにすることが大切です。

+α要素のチェック項目!

  • 30~40代の夫婦である
  • 夫がスマホを家でも手放さない
  • 夫婦のコミュニケーションが少ない
  • 夫の態度が冷たくなった、または優しくなった
  • セックスレス夫婦である
  • 夫婦ケンカが絶えない
  • 夫が妙にウキウキしている日がある
  • 夫の態度が最近大きくなった
  • 夫がオシャレに気をつかうようになった
浮気疑惑行動とともに、始まった夫の態度の異変は要チェック! 特に初めての浮気は、態度に出やすいので見過ごさないようしておきましょう。

【5】疑惑行動から浮気を強く確信したら……

浮気疑惑行動から、強く浮気を確信したら、一人で悩まず専門家に相談しましょう。親戚や友達より、夫婦問題を扱うカウンセラーや信頼のおける探偵事務所がおすすめです。

親戚や友達からは夫に情報がもれる可能性があり、そこから妻の立場が危うくなることもあります。また、浮気をやめさせたり、浮気相手に慰謝料を請求するには専門家の力が必要になります。法律に詳しい、夫婦問題会の事例を多くもっている、浮気の証拠をつかんだ実績が多い、弁護士や行政書士などとネットワークがしっかりしている、など実績と信頼のある機関を選びましょう。

夫婦カウンセラーに相談する

夫婦カウンセラーは夫婦問題の専門に扱うカウンセラーです。パートナーの浮気行動への傾聴やアドバイスを行っていますが、信頼のおける探偵事務所や法律家との連携がとれるカウンセラーを選びましょう。

話をきいてくれるだけのカウンセラーでは、解決へは進みません。心理カウンセラーに相談するのとは違い、話をして気持ちがスッキリすればそれでいい、という問題ではないからです。夫が浮気をしていたら、浮気相手を特定し、法的に有効な証拠をとり、慰謝料請求を行わなければ浮気をやめさせることはできません。

夫婦問題に強い弁護士、行政書士に相談する

法律の専門家である弁護士や行政書士は、慰謝料請求など法的な処置を行うときは、強い味方になってくれます。しかし、法律家の専門家には、浮気相手の特定や法的に有効な証拠をつかんでから相談しましょう。浮気相手が特定され、証拠がないと慰謝料請求には進めません。

探偵事務所に相談する

浮気問題は、実績が多く、信頼のおける探偵事務所に相談するのが、解決への一番の近道です。専門の相談員が在籍し、弁護士や行政書士など法律家とネットワークがあればなおさら適しています。相談だけなら無料のところが増えてきたので、気軽に相談できるようになりました。

浮気は悪い病気と同じで、どんどん進行していきます。最初はちょっと食事をしてその後、ホテルへ向かうだけだったのが、アミューズメント施設へ出かけたり旅行をしたり、普通のカップルのような行動をとるようになっていきます。

浮気が進行してから、その事実を知ると深いショックを受けるだけでなく、夫の浮気相手への気持ちの入れ込みも深くなっています。

浮気は早期発見早期解決が、双方のダメージが少なく解決へ向かいます。自己判断で解決せず、専門家に相談しましょう。